あけましておめでとうございます。平成29年(2017)1月2日(月)

あけましておめでとうございます。一日遅れですが……
ここのところ、「今年こそは本を書く」と言ってばかりで、書く書く詐欺になってしまってますので、今年はとりあえず執筆と編集の方とのすりあわせを入念にしていこうと思います。
体重が一時期に比べて10kg以上も増えてしまっているので(その頃が自分的にやせすぎだったのかもしれませんが)ちょっとやせたいです。
動きの研究も行っていきたいですね。

ところで、この写真見て下さい。昨日散歩途中で撮影したものです。
何が写っているかわかります?

20170101_155203_2

水面です。

「言の葉の庭」でも効果的に使われていた「水面」です。

しかし、わたしたちは「水面」を知覚できるのでしょうか?

水は透明です。無色であることはそれほど多くないのですが、光を通してしまうということは、光を包囲光に反映させる肌理および肌理に構造化された乱反射光がないんですね。なのになぜ、わたしたちはこれを「水の表面」だと知覚できるのでしょう?

ぱっと見では、ここまで静かな水面ですと、実際にこの風景を見ているのか、水面で反射した光の構造を見ているのか、わからないはずです。さらにここには、水底の落ち葉までくっきりと見えています。

水の見え方とは、こういうものです。どこからやってくる光が、わたしたちの包囲光となるのかを、十分に観察、検討しなければ、水を描くことはできないでしょう。

わずかな水面の揺らぎ(さざ波など)は、水の不変項を示すと同時に、包囲光配列を構造化します。たぶん、これが「水面」の知覚情報と、水のプロパティをわたしたちに伝えてくれるのでしょう。しかしそれは、風が吹いているか、水生の動物たちが動いて波を作るようなことがない限り、現れません。もちろん、「言の葉の庭」で使われた、雨の落ちたときの波紋も水面を描くときに大いに利用できます。

付け加えると、揺らいでいる風景は水があることをわたしたちに伝えてくれると同時に、水が動いていることを伝えてくれます。それはたとえ、写真であっても、水面に反射している風景の揺らぎ方によって伝えることができます。
アニメ「響け!ユーフォニアム」では、宇治川の様々な時間帯での描き方が秀逸でした。川の見た目の色と水面の揺らぎしか描かれていないのに、わたしたちはそこに「水が流れている」ことを知覚できてしまいます。光の反射の仕方は、「流れていない水」と「流れている水」を区別できるほどの性質を持っているのでしょう。

一枚画に動きの情報は入るのです。
一枚画は「静止」画ではないのです。

「海」と「池」、「沼」の水面を区別する時の性質の違いは、この「波立ち方」などにあるのでしょう。

「この世界の片隅に」で描かれる「瀬戸内の海」を特徴付けるのは、あの色だという話でしたが、そのような「海の色の地域差」もまた、一つのローカルな情報として機能していますね。

「この世界の片隅に」の「波のうさぎ」や、「言の葉の庭」、さらに「天使のたまご」を見ていると、そんなことを思います。

本当は、もう少し揺らいでいる水面を撮りたかったのですが、うまくいかず。揺らいでいる水面を撮影すると、まさに「天使のたまご」の序盤で頻出した水表現を撮れるのですが。

こんな小話を交えながら、本を書いていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性差についての雑論

性差というものは、厳然として存在する。身体の構造の違い、臓器の違い、臓器の違いに由来するホルモン、恒常性の違い。おそらく「月経を典型的身体的男性は1回も経験しない」ということは大きな差を生んでいるだろう。だから、典型的身体的男性には「月経前症候群」が無い。これが身体的・社会的な大問題を引き起こす。
たとえば、「生理」「生理不順」が話題として扱われているマンガや小説(アニメ化されているもの含め)は、私が出会ったものとしては「海がきこえる」「神戸在住」くらいしかない。その他には、確か「水色時代」がこれを扱っていたか。
また、様々な疾患の罹患率をみても、そこには性別の差はしっかりと現れてしまう。全身性エリテマトーデスやリウマチ、慢性甲状腺炎(橋本病)などの自己免疫疾患は、どうしても「女性」に多い。摂食障害もまた然り。その一方で、男性にも乳がん患者がいることはあまり知られていないだろう。
「出産」が、典型的身体的女性にしかできない、ということも、社会的な問題を引き起こす。しかも、日本では出産時のトラブルで死亡する新生児や母体が極端に少ないせいか、出産という一大イベントが生死を賭けたものだということに思いを馳せることができる人は極めて少ない。だから訴訟沙汰になりやすい。
「完全な人工子宮」の発明・成功は、それゆえに社会に大きなインパクトを与えるだろう。こんなことを扱っているのは、清水玲子くらいか?私の知識はあまりにも貧弱で、これくらいしか出て来ない。
しかし、遺伝子の違いが男性、女性を決定しているのかといえば、それは全く違う。典型的身体的男性は多くがXY型だが、これでもちょっとの「手違い」で女性の身体構造になりうる。その逆もまた然り。男女の身体的な違いがどうやって生じるのか、という点については、未だに謎だらけである。性分化疾患というのは、それだけ複雑怪奇なのだ。
さらに言えば、同性に性的興奮を覚えるということは実は稀なことでは全く無いし、どちらの性を愛するかは性的嗜好、つまり好みの問題であって、障害とは見なされない。まぁ、この点に関してはDSMの古い方、DSM-IV-TRでの記述であり、最新のDSM-Vではどうなっているのか確認していない。
問題を最もややこしくしているのは、性という身体性の問題が社会化するときに起こる様々なことなどなどの問題だと言えるだろう。「家族」「家族制度の崩壊」と言うと、典型的古典的家族ばかりが思い浮かんでしまうヒトが多いのも、そのためだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉浦日向子原作・原恵一監督アニメ映画「百日紅」感想。

公開初日5月9日、アニメ映画「百日紅」を見に行きました。

そうです。これは「映画」ではなく、「アニメ映画」です。アニメでしかできない表現を、江戸時代の浮世絵と合わせようとして、まあ、少し違和感はあるのだけれど、それを目指しました、それでいくつかのことが出来ました、そしてそれは今の日本の現実とつながっています……という、アニメの作り手の思いが伝わってきます。
「面白かった?つまらなかった?」 さあ……?
「感動した?」 「絵と動きにね。」
「じゃあどんな感想を持ったの?」 「お猶が可愛かった。」
そう、お猶が可愛く描かれていたのだ。これが原作と大きく異なる点であり、難しい感想を求められる点の一つだと思う。
「それだけ?」
いや、それだけではない。杉浦日向子の原作を読んでいると、作り手の思いがさらに伝わってくる。「あの作品を、事もあろうにアニメにするとは、自分たちは無謀な挑戦をしたものだ。しかし、作りたい。あの作品に劣らない作品を作りたい」という感じかな。 すると、主な感想はこうなる。
「へぇー」「へぇー」「へぇー」
後で思い起こしてみると、「勉強をした!」という感想が一番自分の思いに近いのだ。

そして、「あともう一度は見なおしてみなければ、なにか書くのは難しい」と思った。しかし新鮮なうちに書いておかなければならないこともあると思うので、とりあえず書いてみることにした。

ネタバレOKな方は続きをどうぞ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越を取りやめました

先日、ブログを引っ越す告知をしたのですが、いろいろ考えた結果、このままこのブログをここに残すことにいたしました。
ネット回線を変えたことに関連していたのですが、結局このブログを使い続けることになりました。

ここのところの更新頻度を考えると、これからもほとんど記事が書かれない状態というのが続いてしまうと考えられますが、ご容赦ください。

「マリみて」も「祐巳・祥子編」でいちどエンドマークを迎えたこともあり、考察する内容も少なくなってきております。これからは他の作品について、なにか考えたことがあるときにはアップする、という形になるかと存じます。

半休眠状態のブログですが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「異国迷路のクロワーゼ The Animation」総評

日本人の女の子、湯音がパリの街にやってきて触れる様々な物語、というのがこの物語の全体像といえるだろう。その中で、主人に当たるクロードやオスカー、日本に憧れるアリストの交流が描かれ、その交流の中で触れる様々な出来事二同心を動かされていくか、という物語である。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iM@S KAKU-tail Party DS」 3rd night - E

ニコニコ動画「アイドルマスター」タグにて先日開催された動画祭「iM@S KAKU-tail Party DS」第3夜ラストを飾った作品群。
「全体的にどうなってんだ」と言いたくなるような技術の高さ、技術はなくても正にオーラスにふさわしいコンテンツを持つ映像と、粒ぞろいである。
各動画は2分の縛りがある。「2分の映像で物語を作れ」「2分の音楽でプロモーションビデオを作れ」などの課題が与えられている、と言っていい。これをこなすのはなかなかの力量が必要である。

大学でアニメーションやデジタルコンテンツ制作を教える、アニメーション学科やマンガ学科、デジタルコンテンツ学科を設置するなら、それらを作ることが出来るだけでは足りない。一般教養(リベラルアーツ)とアニメーション、デジタル動画等が一つになって学問として成立するところにこそ、大学に学科を設置する意味がある。そのことを確認しながら、この動画をお楽しみいただきたい。

上記の作品中手書きアニメーション作品だったもの

その他の単品で、手書きアニメーションを含むもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「受け」の能動的機能:「げんしけん」笹・荻

 「げんしけん」単行本第6巻で、荻上さんが「笹×斑」で「軽くワープ」するところがあるんですが、なぜか何となくわかってしまうんですよね、これが!これってどうよ……とか思うんです。わかったつもりになっているだけかもしれないし?

 で、もし、「わかってしまう」ということが珍しいことでもないとなれば、いや、そうでなくても、「攻め」「受け」の分類およびその細分化というのは、アンダーグラウンドではあっても心理学の行動の傾向分類に匹敵するかもしれないとか思ってしまいます。案外合理的に説明できる気がしてしまいまして。そこから、妄想するのか、議論をたてるのかの違いだけで。例えば、「攻め」を「能動的立場」、「受け」を「受動的立場」とし、さらにそれぞれを「積極的行動」「消極的行動」の2つの傾向があるものとすれば、これでチャートを作ることができます。それぞれの極として、「能動的立場・積極的行動」「能動的立場・消極的行動」「受動的立場・積極的行動」「受動的立場・消極的行動」があると。「強気攻め」はもちろん「能動的立場・積極的行動」、「流され受け」は「受動的立場・消極的行動」、で、たぶん「ヘタレ責め」は「能動的立場・消極的行動」で「誘い受け」は「受動的立場・積極的行動」……と言うか? いや、たぶん違うんでしょうけど……

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荻上さんの障害:げんしけん・笹原と荻上

*この記事は、すでに無くなってしまった別のブログにあった記事を再掲するものです。

 荻上さんが(ごく)軽度の(心的)外傷性ストレス障害(PTSD)の可能性がある、ということを述べました。その根拠となることは、最新の連載第45話「夢酔い」でほぼ出そろったというところですが、いずれにしても専門家でないものの判断なので、話半分で聞いて(読んで)いただければと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

げんしけん:斑目/咲の緊張関係

*本記事はすでに無くなってしまったブログに掲載されていたログを、再掲するものです。

今回は笹・荻の話ではなく、斑目/咲の話です。

この二人の関係はなかなか面白いと思っています。良い影響を知らぬうちに与え合っているような緊張関係にあるようにも思えるのです。また、咲さんがコーサカと別れないでずっと一緒にいるのも、実は斑目が関わっているのではないか、そんな気がします。


どういうことかというと……

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「げんしけん」第46話「戻り橋」での「橋」と笹原、荻上さんについて

*このログはすでに無くなってしまった別ブログに掲載されていたものを、再掲したものです。

……


ふ〜〜〜〜


……


う──ん……


ここが大事よ、笹原、荻上さん。本当に、あともう一歩だけ。


講談社「アフタヌーン」3月号収載「げんしけん」第46話「戻り橋」読みました。

ある意味では良い方に、別の意味ではよくない方に予想が当たりました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«3A07の批判的批評と反駁による批評の試み ーITメディアGamezの記事を受けて