« 瞳子ちゃんは愛らしいのですっ | トップページ | 「特別でないただの一日」の感想など(1) »

座右の銘というか・・

座右の銘というか、肝に銘じておくべきことというか。あるいは、好きな言葉というか。
遅ればせながら「トラックバック野郎」の記事を見て、テストしてみるのです。

Gibson J. J. 1979の本の、ある章のある項のタイトル。

"WHAT IS SEEN AT THIS MOMENT FROM THIS POSITION DOES NOT COMPRISE WHAT IS SEEN"

和訳:「今、この位置から見えているモノは、見られているもの全体を構成しているのではない」
または「今、ここから見えているものだけでは、見られるものは成り立っていない」

つまり、ものを見るとき、見る位置や方向を変えたり、見る時間を変えると、別の面があらわれるということ。そして、「見えるもの」つまり世界にあるものは、そうやって場所、時間を変えながら見なければならないということ。推測や想像は、そこにあるものではないということだ。
「マリみて」ファンには、「パラソルをさして」で真美さんが祐巳に言ったこと、というのがなじみやすいですね。

しかも。想像力や推測能力は、そうやって動き回ってじっくり見ることによって、観察力を養うことで、伸びていくものである。観察力をつけよう。

|

« 瞳子ちゃんは愛らしいのですっ | トップページ | 「特別でないただの一日」の感想など(1) »

マリア様がみてる」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生態心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54433/46669713

この記事へのトラックバック一覧です: 座右の銘というか・・:

« 瞳子ちゃんは愛らしいのですっ | トップページ | 「特別でないただの一日」の感想など(1) »