« マリみてのこと:瞳子ちゃんの一人称の使い方 | トップページ | マリみて「薔薇のミルフィーユ」のこと:何編かの「きょうだい」のお話 »

マリみて:「薔薇のミルフィーユ」第一印象

お久しぶりでございます。
数日後には学会のため海外に1週間ほど出かけるため、ちょっと急ぎ気味で、最新刊「薔薇のミルフィーユ」の一言感想のようなものです。

菜々ちゃん、かなりすごい女の子です。
志摩子さん、ずいぶん変わったようです。シスターになりたいのかと訊ねられ「わかりません」と応えた彼女のこと、詳しくはまた別の機会に。
そして、そして…

柏木、おまえってやつは〜〜〜!!

いや、ワトソンさまの「マリみてTT」での柏木論で、確かにこのような話を展開しましたよ。希望的観測、且つ、話が面白くなる等々の理由で。しかし、まさかまさか・・・。某所の掲示板を見ても、あまり反応がなかったのはちょっと意外でしたが…
柏木の誘いを断った瞳子ちゃんのこと。想像だけですが、これも面白そうです。

ではこのあたりで。

|

« マリみてのこと:瞳子ちゃんの一人称の使い方 | トップページ | マリみて「薔薇のミルフィーユ」のこと:何編かの「きょうだい」のお話 »

キャラ別:柏木優」カテゴリの記事

マリア様がみてる」カテゴリの記事

コメント

出かけられるそうですので、急いでコメント(笑)。

そうなんですよ。「おのれ柏木〜」なのです。
「同性愛」については否定しませんでしたが、結婚するつもりが無いことははっきり言ってしまいました。
作者様がどの時点で設定を固められたのかは解りませんが、無印の時点ではそうではなかったことはたしかでしょう。でないと「婚約解消を切り出した祥子さまと喧嘩になった」のはなぜ?ってなもんです。
いまさら、そっち方向に話を広げられるのは「ちょっとな〜」というのが正直な感想。瞳子ちゃんは約一か月もあの状態でほっとかれ(祐巳にも作者にも(笑))可愛そうです。
個人的にはもっと平和な展開を希望しています。黄薔薇のように(笑)。
(白薔薇の平和は平和すぎる?(笑))
今回の紅薔薇は「ちょっと控えめなレイニー止め」といえなくもないような気がするのです。
だとすると、次は選挙まで進まずに、クリスマス+正月で「パラソル〜」並の解決編(婚約問題も妹問題も)を期待したいところです。

投稿: ワトソン | 2005年7月 2日 (土) 14時24分

ごきげんよう。

 「同性愛」云々に関しては、「嘘」だったのかどうかあいまいな書き方になっておりましたね。まだはっきりさせないのがまた…
 本文でも取り上げようと思いますが、「無印」での祥子とのやりとりは、彼が彼女との結婚を、彼自身の思いももちろんありながら、主に「小笠原家の問題」として考えているのに対して、祥子の方はまだ個人的な関係としてだけ考えている節があるとも感じるのですね。そのギャップがあると、彼は婚約解消を切り出されたとき「言う相手が違うだろう」という意味合いのことを言った可能性がある。これは、(わざとではあっても)祥子の感情を全く無視した返答にもなりますよね。

 瞳子ちゃんがなぜ断ったのか、というのは、まあ、お話的には「ほっとかれた」ということにもなりますが、私には大きな進展にも感じられます。たぶん、瞳子ちゃんも柏木も、祥子の様子に対して「何事か」感じるところがあり、それを祐巳に対して伏せている、そのやり方の違いだと思うのです。

 柏木は、かなり過酷なことを祐巳や祐麒に要求しているようにも感じられます。
 今回の本は、白薔薇も含めて…実は「レイニー」よりもずっと重い物語のミルフィーユなのではないかというのが私の感想です。白薔薇のエピソードには、重いものがちりばめられていますので…黄薔薇のエピソードが、お話全体を軽めに仕上げるポイントになっているかもしれません。ずっと、これからの楽しい展開を考えられそうなので。由乃がより剣道に力を入れるようになった理由とか。
 ここ最近の「マリみて」の中では、一番の手応えがありました。

長いコメント、失礼しました。

投稿: 冬紫晴(管理者) | 2005年7月 4日 (月) 04時04分

TBさせていただきました。

私も、「柏木、お前ってやつは~~!!」と思いました。

>柏木は、かなり過酷なことを祐巳や祐麒に要求しているようにも感じられます。

まったく同感です。特に祐巳に対しては、あまりにも過酷過ぎる気がしています。祐巳を成長させたいという作者の思いが感じられますが、一方で「柏木にそれを言う資格はない!」と私はちょっと思ってしまったりして。

投稿: ムラサキ | 2005年7月14日 (木) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54433/46669748

この記事へのトラックバック一覧です: マリみて:「薔薇のミルフィーユ」第一印象:

» だからこそ、「マリみて」から目が話せない [幽霊図書館員が読む本]
今野 緒雪, ひびき 玲音 マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ さて。パソコンがクラッシュしている間に出ていた「マリみて」最新刊。読んでみましたが、重い話でした。「『マリみて』解題の試み」さん でも述べられていましたが、「レイニー・ブルー」なんかよ... [続きを読む]

受信: 2005年7月14日 (木) 23時26分

« マリみてのこと:瞳子ちゃんの一人称の使い方 | トップページ | マリみて「薔薇のミルフィーユ」のこと:何編かの「きょうだい」のお話 »