« 2005年8月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の投稿

久しぶりのマリみてのこと:解決の罠

 大変ご無沙汰致しました。
 さすがに博士論文を書くというのは大変な作業で、ようやく一段落したのですが、その後疲れが吹き出し、体調を崩し、文章を考えるなどできない状態になってしまいました。そのうえ、ゲームにハマり、「マリみて」のことなど考えていなかったのでした。
 しかし、それ以前、「ミルフィーユ」が出てからしばらくの間考えていたことについて、このところ突然一つのアイデアが浮かび、文章を書ける状態にもなり、久々にやってみようと思い立ったところなのでございます。

 祐巳と祥子の関係について、彼女らに共通する「課題を何とかするときの癖」のようなものがあるのではないか、と考えたのです。それは、佐藤聖の「びっくりバレンタイン」でのアドバイスが的はずれである可能性を持っているということです。
 確かに、聖さまのアドバイスは一つの方法としてあげられるとは思いますが、やや読み違いがあるのではないかということが、祐巳の一人称視点を読んでいる読者としては見えてくるのではないか、そう考えるのです。

続きを読む "久しぶりのマリみてのこと:解決の罠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年11月 »