« マリみて「仮面のアクトレス」内「黄薔薇・真剣勝負」について | トップページ | 白地図に水玉模様描いたのは誰? »

「大きな扉 小さな鍵」直前の瞳子ちゃん考察

 デザインも新たにごきげんよう。
 冬紫晴 あらため 冬紫晴博士 あらため 十六夜博師です。
 思うところ在ってHNを変えました。
……というか、(もう売り払っちゃったけど)PERSONA3の主人公に付けた名前が気に入ってしまったのですよね。十六夜といえば知る人ぞ知る夜麻みゆき「刻の大地」(「幻想大陸」でも)、「刻の大地」といえばカイとかジェンドとかイリアとか。こっちの方が好きです……。マイナーなマンガネタでいうと冨士宏「The Birth of Walkure ワルキューレの降誕」も好きです。でもコアクマンが、サビーヌが出てこない。
 サビーヌのかわいさはアリコ&水湊ちゃんのかわいさですね。

 なんなんだ。
 まあなんだ。
 つまりああいうのに弱いってこと……か?

 さても。
 「マリみて」次巻「大きな扉 小さな鍵」の表紙の絵を「まんが王」のサイトで見ました。
 祐巳がちょっと大人っぽい?表情。あどけなさ?も残っているのでずいぶん不思議な感じです。
 瞳子ちゃんは今までの話からするとずいぶん無防備で、なんだか甘えているような表情。
 そして、祐巳の手にはロザリオが……?

 いろいろ考えてしまいますねぇ……
 それよりも、現段階での瞳子ちゃんの行動や、周囲の状況から何かを読み取れないかと思っているんですけど……これが非常に難しい。

 「大きな森の小さな家」……って思い出してしまいました。題だけ。内容覚えてません。んなことはともかく。

 まず、考えやすいところから。「大きな扉 小さな鍵」表紙だけから考えたことです。

 祐巳がロザリオを持っている。ただ手に取っているだけなのでしょうか?外そうとしているのでしょうか?渡そうとしているのでしょうか?瞳子ちゃんに渡すにしても、そのロザリオにはもう一つ重大な意味がありますよね。そちらはどのようになるのでしょう。つまり、祐巳と祥子の関係です。
 瞳子ちゃんとの関係から祐巳がやや不安定になって、そのこともあって祥子と祐巳の関係は凪いでいるようでいてわずかに波紋が広がっているような様子です。それをとらえて、「素顔のままで」が描かれたように感じられます。
その前に描かれた「薔薇のダイアローグ」との続きととることもできます。「姉」たち……令と祥子は彼女らなりに、互いを見ながら励ましながら、否応なしに近づく区切りに向けた準備を始めている。
 そして、それに促されるようにしてか、あるいは本人の覚悟もあるのか、下からの突き上げもあるのか、祐巳にも、もちろん由乃にも変化が訪れようとしている。由乃の方には、いわばわかりやすく、ある意味対処しやすい変化が起きているのですが、祐巳の方は大変に複雑で、いろいろなものを巻き込んだことになってきてしまいました。
 結局それはひとえに、瞳子ちゃんが原因になっているわけですが……
 よしあしの問題とはかけ離れていますからねぇ。

 それで、とりあえず現段階で瞳子ちゃんが何を思っているのか、どんなことがあるのかを整理していこうかと考えてみます。

 瞳子ちゃんは、祐巳にとっては邪魔者のはずだと思っているようですが……
 この先入観というか、負い目というか、これがなかなか外れないように思えます。祥子と祐巳の間に挟まって一度大きくその関係を波立たせてしまったこと(レイニーブルーでの一件)が負い目になっているのでしょうか。それだけでなく、彼女の祥子に対する態度もなんだかはっきりしないことも多いのですよね……
 また、「銀杏の中の桜(BGN)」で自分のしたことについても、今更何をという感じでもありますし、乃梨子ちゃんがもはや気にしていないことであるにもかかわらず、ずっと気にしていたような様子も「仮面のアクトレス」で示されました。
 もしかしたら、瞳子ちゃんは初等部・中等部の頃には「される側」であったことがあるのかもしれません。だから、高等部に入って「受け入れられる」ということについてほとんど信用していないような部分があるのかもしれない、それだから「ジョアナ」のようなエピソードが生まれたのではないか……捨てられる前に捨てればいいと……そんなことさえ考えてしまいます。
 だからこそ、外進生の乃梨子ちゃんや(登場の場面は少なかったですが)可南子ちゃんが重要になってくるのではないか、と、思うのです。
 (実は、可南子ちゃんが登場する場面での乃梨子ちゃんとの遣り取り、その素っ気なさというか、何気なさが非常に気に入っています)

 瞳子ちゃんの周囲を寄せ付けないような態度ですが、「白い花びら」での佐藤聖を彷彿とさせるところもあります。しかし、大きな違いもあります。佐藤聖の場合、基本的に甘ったれでどちらかといえば逃げるように、そして近寄る者には攻撃を仕掛けといったように、ヤマアラシのような武装をしていながら逃げ回っていて、それでいて隙だらけでつけいりやすく、もろかった。ところが瞳子ちゃんは周囲を寄せ付けないといっても攻撃をするのではなく強固な防壁ではじき返し、また、逃げるわけでもない。むしろ、遮断していく。そして、隙がない。そのせいで、乃梨子ちゃんも祐巳も非常にやきもきした想いを抱えることになってしまうのでしょう。

 瞳子ちゃんと親との関係。瞳子ちゃんのお母さま(とおぼしき女性)が「仮面のアクトレス」には登場しました。
 まず、この「お母さま」について考えてみます。
「仮面〜」P.152での台詞。「〜正直、帰りたくなっちゃったの」
 考えてみれば、高校生にもなって忘れ物をわざわざ娘の高校にまで届けに来る母、というのもなんだか妙な感じもするんです。どうしても必要な書類とかであればあり得ますが……上履きくらい、瞳子ちゃんもそうしていたように来賓用のスリッパで過ごせばいいわけで、何とでもなります。それを、届けに来た。これだけでも人物像が見えてくるところがありそうですよね。どちらかといえば娘に過保護な様子がうかがえます。そして、届けに来ていながら「帰りたくなっちゃった」というのも妙です。なんだか子供っぽい。
 「こどもっぽい」というのは、次の場面、コートを脱がせてもらおうとしてじっと立っている場面から別の言い方でいうことができることもわかります。育てられ方が「箱入り」で、世間慣れしていないというか、祐巳のモノローグの通り「お嬢ちゃん育ち」ということですね。
 その一方で、娘に恥ずかしい想いはさせたくないという気持ちから、直接渡すのではなく担任の先生を介して、という方法をとる気配りはできる。気配りなのか、気の使いすぎなのか、これに関してはわかりませんが……
 そして、娘から選挙の話を聞いている、ということをいっています。このときこの人は、「紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)」等のリリアンでの用語を難なく使っている様子がうかがえます。娘がずっとリリアンだったからといって、これらの特殊な呼び方やそれが持つ意味についてここまでなれたというか、尊敬の念まで含まれるような言い方にはならないような気がするんですよね。柏木が「うちの家系はみんなリリアン」と言っていましたが……ええと、柏木の母が祥子の父の姉で、柏木の父の妹が瞳子ちゃんの母ですから……やはりリリアンなのでしょうか?お嬢様育ちということからしてもその可能性は十分ありますけれど。

 そしてもちろん、瞳子ちゃんが家で選挙についてどんな話をしているかもわかるわけですよね。祐巳は気づくべくもないわけですが、「娘も応援している」「どなたもすてきなお姉様だから、必ず当選するだろうって」と言っているわけです。家では。瞳子ちゃんは。
 読者にとってはこれが、瞳子ちゃんが最初から当選するつもりもなく立候補した、つまりは「落ちるために立候補した」ということの補強にもなるわけですが。
 もう一つ言えることは、家では学校で被っている仮面をしていない、ということがわかりますよね。仮面を被っていない、とは言えないのですが、少なくとも、学校で被っている鉄仮面は外している。家ではどんな「娘」でいようとしているのでしょうか……?
 「未来の白地図」で瞳子ちゃんはケンカして家を飛び出してしまいましたが、そんなことは滅多になく、「お嬢様」育ちのお母さまは寝込んでしまうほどで……ということから、大事にされていることは伺えます。それだけでなく、瞳子ちゃんが周囲に非常に気を遣っている様子がうかがえます。娘として大切にされている、というだけでなく、瞳子ちゃんができる限り家族には平穏無事であるように振る舞いたい、というような感じも受けるのです。

 母親が「お嬢様」であったために娘はどちらかといえば大人びてしまい、むしろ母を守るように、気を遣っているのではないか?

 瞳子ちゃんが届けられた上履きを抱きしめている場面、そんなことを考えてしまったりします。

|

« マリみて「仮面のアクトレス」内「黄薔薇・真剣勝負」について | トップページ | 白地図に水玉模様描いたのは誰? »

キャラ別:瞳子ちゃん」カテゴリの記事

マリア様がみてる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54433/46669770

この記事へのトラックバック一覧です: 「大きな扉 小さな鍵」直前の瞳子ちゃん考察:

« マリみて「仮面のアクトレス」内「黄薔薇・真剣勝負」について | トップページ | 白地図に水玉模様描いたのは誰? »