« 2010年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2011年9月の投稿

「異国迷路のクロワーゼ The Animation」総評

日本人の女の子、湯音がパリの街にやってきて触れる様々な物語、というのがこの物語の全体像といえるだろう。その中で、主人に当たるクロードやオスカー、日本に憧れるアリストの交流が描かれ、その交流の中で触れる様々な出来事二同心を動かされていくか、という物語である。
 

続きを読む "「異国迷路のクロワーゼ The Animation」総評"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2012年7月 »