« 性差についての雑論 | トップページ

あけましておめでとうございます。平成29年(2017)1月2日(月)

あけましておめでとうございます。一日遅れですが……
ここのところ、「今年こそは本を書く」と言ってばかりで、書く書く詐欺になってしまってますので、今年はとりあえず執筆と編集の方とのすりあわせを入念にしていこうと思います。
体重が一時期に比べて10kg以上も増えてしまっているので(その頃が自分的にやせすぎだったのかもしれませんが)ちょっとやせたいです。
動きの研究も行っていきたいですね。

ところで、この写真見て下さい。昨日散歩途中で撮影したものです。
何が写っているかわかります?

20170101_155203_2

水面です。

「言の葉の庭」でも効果的に使われていた「水面」です。

しかし、わたしたちは「水面」を知覚できるのでしょうか?

水は透明です。無色であることはそれほど多くないのですが、光を通してしまうということは、光を包囲光に反映させる肌理および肌理に構造化された乱反射光がないんですね。なのになぜ、わたしたちはこれを「水の表面」だと知覚できるのでしょう?

ぱっと見では、ここまで静かな水面ですと、実際にこの風景を見ているのか、水面で反射した光の構造を見ているのか、わからないはずです。さらにここには、水底の落ち葉までくっきりと見えています。

水の見え方とは、こういうものです。どこからやってくる光が、わたしたちの包囲光となるのかを、十分に観察、検討しなければ、水を描くことはできないでしょう。

わずかな水面の揺らぎ(さざ波など)は、水の不変項を示すと同時に、包囲光配列を構造化します。たぶん、これが「水面」の知覚情報と、水のプロパティをわたしたちに伝えてくれるのでしょう。しかしそれは、風が吹いているか、水生の動物たちが動いて波を作るようなことがない限り、現れません。もちろん、「言の葉の庭」で使われた、雨の落ちたときの波紋も水面を描くときに大いに利用できます。

付け加えると、揺らいでいる風景は水があることをわたしたちに伝えてくれると同時に、水が動いていることを伝えてくれます。それはたとえ、写真であっても、水面に反射している風景の揺らぎ方によって伝えることができます。
アニメ「響け!ユーフォニアム」では、宇治川の様々な時間帯での描き方が秀逸でした。川の見た目の色と水面の揺らぎしか描かれていないのに、わたしたちはそこに「水が流れている」ことを知覚できてしまいます。光の反射の仕方は、「流れていない水」と「流れている水」を区別できるほどの性質を持っているのでしょう。

一枚画に動きの情報は入るのです。
一枚画は「静止」画ではないのです。

「海」と「池」、「沼」の水面を区別する時の性質の違いは、この「波立ち方」などにあるのでしょう。

「この世界の片隅に」で描かれる「瀬戸内の海」を特徴付けるのは、あの色だという話でしたが、そのような「海の色の地域差」もまた、一つのローカルな情報として機能していますね。

「この世界の片隅に」の「波のうさぎ」や、「言の葉の庭」、さらに「天使のたまご」を見ていると、そんなことを思います。

本当は、もう少し揺らいでいる水面を撮りたかったのですが、うまくいかず。揺らいでいる水面を撮影すると、まさに「天使のたまご」の序盤で頻出した水表現を撮れるのですが。

こんな小話を交えながら、本を書いていきたいです。

|

« 性差についての雑論 | トップページ

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生態心理学」カテゴリの記事

自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54433/64709253

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます。平成29年(2017)1月2日(月):

« 性差についての雑論 | トップページ