あけましておめでとうございます。平成29年(2017)1月2日(月)

あけましておめでとうございます。一日遅れですが……
ここのところ、「今年こそは本を書く」と言ってばかりで、書く書く詐欺になってしまってますので、今年はとりあえず執筆と編集の方とのすりあわせを入念にしていこうと思います。
体重が一時期に比べて10kg以上も増えてしまっているので(その頃が自分的にやせすぎだったのかもしれませんが)ちょっとやせたいです。
動きの研究も行っていきたいですね。

ところで、この写真見て下さい。昨日散歩途中で撮影したものです。
何が写っているかわかります?

20170101_155203_2

水面です。

「言の葉の庭」でも効果的に使われていた「水面」です。

しかし、わたしたちは「水面」を知覚できるのでしょうか?

水は透明です。無色であることはそれほど多くないのですが、光を通してしまうということは、光を包囲光に反映させる肌理および肌理に構造化された乱反射光がないんですね。なのになぜ、わたしたちはこれを「水の表面」だと知覚できるのでしょう?

ぱっと見では、ここまで静かな水面ですと、実際にこの風景を見ているのか、水面で反射した光の構造を見ているのか、わからないはずです。さらにここには、水底の落ち葉までくっきりと見えています。

水の見え方とは、こういうものです。どこからやってくる光が、わたしたちの包囲光となるのかを、十分に観察、検討しなければ、水を描くことはできないでしょう。

わずかな水面の揺らぎ(さざ波など)は、水の不変項を示すと同時に、包囲光配列を構造化します。たぶん、これが「水面」の知覚情報と、水のプロパティをわたしたちに伝えてくれるのでしょう。しかしそれは、風が吹いているか、水生の動物たちが動いて波を作るようなことがない限り、現れません。もちろん、「言の葉の庭」で使われた、雨の落ちたときの波紋も水面を描くときに大いに利用できます。

付け加えると、揺らいでいる風景は水があることをわたしたちに伝えてくれると同時に、水が動いていることを伝えてくれます。それはたとえ、写真であっても、水面に反射している風景の揺らぎ方によって伝えることができます。
アニメ「響け!ユーフォニアム」では、宇治川の様々な時間帯での描き方が秀逸でした。川の見た目の色と水面の揺らぎしか描かれていないのに、わたしたちはそこに「水が流れている」ことを知覚できてしまいます。光の反射の仕方は、「流れていない水」と「流れている水」を区別できるほどの性質を持っているのでしょう。

一枚画に動きの情報は入るのです。
一枚画は「静止」画ではないのです。

「海」と「池」、「沼」の水面を区別する時の性質の違いは、この「波立ち方」などにあるのでしょう。

「この世界の片隅に」で描かれる「瀬戸内の海」を特徴付けるのは、あの色だという話でしたが、そのような「海の色の地域差」もまた、一つのローカルな情報として機能していますね。

「この世界の片隅に」の「波のうさぎ」や、「言の葉の庭」、さらに「天使のたまご」を見ていると、そんなことを思います。

本当は、もう少し揺らいでいる水面を撮りたかったのですが、うまくいかず。揺らいでいる水面を撮影すると、まさに「天使のたまご」の序盤で頻出した水表現を撮れるのですが。

こんな小話を交えながら、本を書いていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3A07の批判的批評と反駁による批評の試み ーITメディアGamezの記事を受けて

先日日記で紹介した、ほぼ自主制作3DCGアニメーション、「3A07」が、ITメディアGamezの「日々是遊技」で紹介され、その記事がmixiニュースにも転載されていました。

制作期間1年以上! 「アイマスMAD」の常識を覆した動画「3A07」がスゴい

この動画のことです。
初見の方は是非コメントを表示させずに視聴することをお勧めします。
また、ネット上で多くに紹介されたため、コメントが荒らされています。このことにはご注意ください。

 何人かの方からツッコミが入っていることとして、「全てが一から作られた3DCG」という記述です。実際には、ゲーム本編のPVは利用されている部分があります。
 もう一つ、「制作期間1年以上」というのは、モデリングが1年以上前からこの動画を目的とせずに作成されていたことを含めた話で、実際のこの作品の合作としての制作期間は半年です。ただ、ニコニコ大百科の記事の方には「半年だけで3DCGモデリングも全てやっていたということではないよ」という意味を含めて、「一年以上かけて作成された3DCGモデルによるアニメーション」という表現になっています。このことについては制作者の一人、セバスチャンP氏のブログのこの記事で詳しく述べられています。
 ニコニコ大百科記事に加筆しなければならんと思っているんですが、根拠が薄いのと、本編が二次創作なので、記事の写真こそ「(C)窪岡俊之 (C)2003-2008 NBGI」の記述がありますが、著作権の問題は実際のところクリアできているわけではない……というところから、具体的な記述をすべきなのかどうかもよくわかってないところです。

 一方で、二次創作動画であるところの「3A07」の記事の写真を、「3A07」のキャプチャー画像から一枚抜き出して、それに対して「(C)窪岡俊之 (C)2003-2008 NBGI」が付いてしまうことがちょっと面白いというか、軽く驚いてます。間接的ではありますが、二次創作の制作元、それも相応に大きな企業が一介の、しかも二次創作の動画の記事に対して許可を出しているあたりが、「アイドルマスター」ならではのようにも思います。
 まあ、ひとつ言えることは、この動画がこれだけの内容でありながら「非営利目的」で作られていることが、この問題をある程度クリアしやすくなっている一因でもあるか、と思います。別の側面からいえば、販促にもなっているという点も勘案されているのでしょうか。

 で、ただ賞賛の嵐だけでは生産的でないので、ここは揶揄ともやっかみともとれるコメントを頼りに、この作品を批判的に評価し、それに対して反駁することで、建設的な批評をしてみようと思います。

 ネタバレを含みますので、本作未見の方はご注意を。

続きを読む "3A07の批判的批評と反駁による批評の試み ーITメディアGamezの記事を受けて"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アマチュア3DCGアニメーション作家の技術力とアニメーション学科系を持つ大学の教育力

こちらの動画をご覧ください。ナムコ(現バンダイナムコゲームス)製作のアイドル育成シミュレーションゲーム「アイドルマスター」シリーズの、二次創作です。
XSI essential 6.5(現Autodesk softimage)で、本家のCGを参照しながらゼロから作り上げられた3DCGモデルを使い、Adobe Affter Effect CS4を用いて画面効果を加えて作成された、言わば同人フル3DCGアニメーションです。3人の制作者による合作です。

(コメントが荒らされていることがあり、また、作品のネタバレが最初のコメントでなされてしまうなどのエチケットに反するコメントもあるため、最初はコメントを表示できないようにしてご覧いただくことをお勧めします)

【ニコニコ動画】【アイドルマスター】3A07 ~Memories are here~

制作方法からみても、すでに「MADフィルム」とは言えないものになっています。
目を見張るのは、この時間的・空間的構成力、演技力(モーション付け)、効果、音響、シナリオどれをとってもかなり高水準であることです。シナリオの内容としては、よく言えば「王道」、悪く言えば「ベタ」で「ありがち」ですが、これを「王道」と認めてしまうほどの画面の魅力があるのではないでしょうか。

もう一つ注目すべきは、これらは基本的にアマチュア(のはず)によって制作されたものである、ということです。
彼らは独学で時間的・空間的構成、色彩設計をXSIやAAEで学び、実現しています。このレベルのアニメーションを、複数人のグループで合作し、ここまでのクオリティに仕上げることは、大学でアニメーションを専攻している学生でも困難でしょう。個人制作であれば自分一人ですべてをコントロールすることができる分、質を安定させることができますが、合作となると連携が重要になってくるため、そこがうまくいかないと質が落ちる危険性もあります。

こういう作品がアマチュアによって作成され、無料で動画投稿サイトなどに公開されるという事態を見ると、考え込んでしまいます。
大学でアニメーション科を設置し、そこでアニメーション作家を養成すること、アニメーションに関する専門教育を行うことには、果たしてどのような意味があるのか、ということです。
わざわざ高い学費を支払って高等教育でアニメーションを専修しても、下手するとこのレベルには追いつけません。

こういう作品を突きつけられると、「大学でアニメーションを専攻する・専攻を持つ」ということについて、今一度十分に検討しなければならないと考えるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加データ;シャーリー分が足りない

上半身のいろんなところがね、痙攣するんですよ。痛みを伴って。
色々原因を考えているんですけれど……ビタミン不足かもね?

さて。
先にここで示したデータについて、追加です。

PISAは、2003年だけでなく、その3年前の2000年にも統計が取られています。
日本における「友達ができやすさ」「好かれている感じ」の否定的回答の多さ、「場違い感」の高さは、2000年でも2003年でもほとんど変化がありません(むしろ低くなっているものも)
ここでのおもしろいデータはこれです。

ST31Q06(2000), ST27Q06(2003):My school is a place where: I feel lonely(私の学校は、自分が孤独を感じる場所である)
日本
2000年 Strongly Agree:3.96、Agree:6.77、Disagree:46.21、Strongly Disagree:40.64
2003年 Strongly Agree:9.85 Agree:19.66 Disagree:50.81 Strongly Disagree:19.14

(平均(2000)Strongly Agree:2.14、Agree:7.13、Disagree:37.05、Strongly Disagree:51.37)
(平均(2003)Strongly Agree:2.28 Agree:5.61 Disagree:33.89 Strongly Disagree:54.88)

わかりますよね?
2000年でも、「孤独とは思わない」傾向は平均よりやや高いのですが、「孤独である」ことを肯定する答えは平均とあまり変わらないのです。それが2003年になると、「孤独とは全く思わない」回答は半分以下に激減、逆に「孤独であると思う/強くそう思う」の回答はそれぞれ3倍になっているのです。

この質問で、わずか3年の間にこれほどの違いが現れた裏には、何があるのでしょう??
大きな事件があると意識もか悪者ですが、そうなると、9・11くらいしか思い当たらないのです。それがどうしたというのでしょう……??
9・11以降、是非は別にしてかまびすしく叫ばれた単語に、「自己責任」などがあると思いますが、それが影響しているのではないかとも考えてしまいます。もう一つ、「帰属への圧力」「排他性」で生徒を縛り付けた単語もありますよね。何とは言いませんが。是非はどうでもいいのです。ここで問題になるのは、それらの単語が持つ「力」、影響力と束縛力です。
「仲間にならなければ人間ではない」という圧力は元々強いでしょう。それがさらに強くなった可能性がある。それに加えて「自分がとった行動・選択のすべての責任は自分が負わなければならない」という圧力が加わった。仲間になるよう選択することを強要される一方で、その選択の責任が個人に還元される(押しつけられる)わけで、大きな「ねじれ」が個人に起こるようになった。……というシナリオが描けますが……さて。

もう一つデータが出ました。
日本青少年研究所の統計データ概要です。

ひとつは、「疲れている」「イライラしている」生徒の多さ。まあ、4カ国しか調べてない統計ですけど、日本はそのほかの国の倍近くありますね。「疲れている」の肯定の回答率5割ってすごい数字です。
その一方で、PISAのデータとはねじれがあるものもあります。「自分の特徴」に、「誰とでも仲良くできる」ってのが入っているらしいんですよ。PISA2000/2003の「友達を作るのは簡単ではない」との回答とはねじれがありますね。……つまり?誰とでも仲良く振る舞うけれど、友達にはならない、と?

報道で取り上げられたのは「偉くなる」ことについての数字だったんですが、気になったのは「偉くなるとどうなるか」において、「周りから尊敬される」というのが入っていないこと。目立つ回答ではなかったというのか、それとも目立って少なかった回答なのか、そのあたり詳しいものがなければならないんですが、手に入れるのに金がかかるというのは……う〜む。

で、実感として「自分が尊重/尊敬されている」という実感があるかといえば……さて?と。自分としては「なくはないよな」と思うのですが、一般的に言って「尊敬する」「尊重する」という態度が少ないのかもしれないな、と思うのです。
メイドものが流行る一つの原因なのかしら、とか思ったり。

「シャーリー」を読み、その帯に「尊敬と信頼」とあり、確かにそれがベネットとシャーリー(あるいはケリーとエマ、ドロテアとエマ、ウィリアムとエマ、エレノアとアニーなどなど)にあるのを見るにつけ、巷にシャーリー分の不足を感じざるを得ないのでございます。
これ、ほら、マリみてにも間違いなくありますよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞳子母の病;習慣性流産・不育症

習慣性流産・不育症とくくられる病がある。
胎内で胎児が十分に発育できないまま死産する(「流産」も死産の一種)ことを繰り返す(およびその可能性を強く疑うことができる)場合を指す。妊娠中期での何らかの原因による死産を経験した場合は、1回であっても検査するべきだ、とのこと。原因は多様である。(参照)

現在では、それぞれの原疾患・原因がわかれば、それぞれに対する効果的な治療法がある場合もある。例えば血栓ができやすいという場合、血栓を予防する(副作用をほとんど気にせずに使える)ことで、死産などを防ぎ出産できるまで胎児を胎内にとどめ十分に発育させることができるようだ。

何故この話か……

続きを読む "瞳子母の病;習慣性流産・不育症"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不都合なデータ

報道されない「不都合なデータ」がある。
別に隠されているわけではない。
ただ、文科省は伝えなかった。
これを知ったのは朝日新聞2007年3月26日朝刊11面の本田由紀氏のコラム「いま 若い人たちへ」である。これで引き合いに出されなければ私も知ることはなかっただろう。
このデータが漠然と感じている何かを裏付ける。

UNICEF(国際連合児童基金)のイノチェンティ研究所の「
先進国の子どもたちに関するレポート(An overview of child well-being in rich countries)」
ここにあるPDF。
掲載されたデータの一つ(Table 6.3b)。

これが引用したデータはOECD(経済協力開発機構)下のPISAの2003年のもの

PISAというのは、Programme for International Student Assessmentの略だ。
PISA2003のデータベースのトップにあるとおり、この調査は学習到達度にのみ焦点を当てたものではない。しかし、文科省はこれを「生徒の学習到達度調査」として、学業の成績以外のデータをHPにすら公表していない。

ここで隠されたデータで特徴的なものをいくつか。これは、特定の質問に対し、1, Strongly Agree(全く、強くそう思う) 2, Agree(そう思う) 3, Disagree(そうは思わない) 4, Strongly Disagree(全く、強くそう思わない)の4段階で評価するというもの。対象は15才の学生。統計から推測した事柄に関しては検定をしていない……統計学に慣れておらず失礼。

ST27Q02; My school is a place where:I make friends easily.(学校は友人が簡単にできる場所である)
平均では 1:26.95, 2:60.35, 3:9.34, 4:1.64
日本では 1:22.42, 2:54.06, 3:19.37, 4:3.38

ここでは「3(そうは思わない)」の回答率。日本ではOECD各国平均の倍以上の数字になる。学校では友達ができない、と感じている割合が高いと言うことか。

ST27Q04; My school is a place where:I feel awkward and out of place.(学校とは、自分が気まずく感じる、場違いな場所である)
平均 1:2.14 2:7.48 3:43.87 4:42.91
日本 1:3.92 2:13.85 3:58.32 4:22.81

本田由紀氏は「2(そう思う)」の率が倍近いことをあげていたが、それよりも「4(全くそう感じない)」率が各国平均の半分、というところにも注目したい。……場違いな場所ではない、と言いきれないということか。

ST27Q05 My school is a place where:Other students seem to like me.(私の学校では、他の生徒は私のことを好きだと思っているように感じる)
平均 1:14.88 2:68.17 3:11.29 4:2.38
日本 1:5.39 2:68.15 3:27.29 4:3.54

注目すべきは1(強くそう思う)と3(そう思わない)。日本では1の回答は各国平均の3分の1程度、3の回答は倍以上になる。学校で好かれていないと感じる学生の割合が高いことになる。

ST27Q06 My school is a place where:I feel lonely.(私の学校は、自分が孤独を感じる場所である)
平均 1:2.28 2:5.61 3:33.89 4:54.88
日本 1:9.85 2:19.66 3:50.81 4:19.14

これはもう、すべてにおいて差が顕著だ。「強くそう思う」「そう思う」率は平均の4倍近く。実は2番目に多い国の率から見て3倍近いと報告されている。この数字は飛び抜けて高い。

日本でこのような統計を取ると、多くが「真ん中」(どちらともいえない)を選ぶ傾向が強いというバイアスがあるとはいえ、それを考慮しても、これらの差を無視することはできまい。

これに基づいて、UNICEFが先進国の子供の状態をまとめたのが、今年発行されたイノチェンティ研究所のレポート。
孤独感、場違い感(所在なさ)、人間関係を難しいと感じる割合など、突き詰めれば「自分などいらない」絶望感につながる、「死に至る病」の種を持つ子供(10代)の数(確率、割合)が飛び抜けて多いことを意味するのではないか……

アニメではすでに警告が何度もなされていた。エヴァンゲリオン然り、serial experiments lain然り、ゲド戦記然り……挙げればきりがない。

マリみてファンもお気づきだろう……佐藤聖である。藤堂志摩子である。蓉子さまに出会う前の小笠原祥子である。手術前の島津由乃である。細川可南子である。松平瞳子である。(それぞれの根拠は異なるものの)
彼女らはリリアン女学園で、薔薇の館で救われた。
これが「マリみて」の求心力について、最も大きな源の一つではなかろうか。

それらの声には全く耳を貸さず、「古き良き」やり方こそ至上と考え続けた世代の人類補完計画教育計画によってさらに事態は深刻化してきた可能性が高い。今の内閣での人類補完委員会教育再生云々だとかの様子を見れば、これからさらに悪化することも間違いなかろう。

「マリみて」内で、それぞれの登場人物の所在なさ。孤独感をいやし慰める方法は、一つとして同じものはなく、それでいてすべて同じ何かを共有しているだろう。
しかし、それはそう簡単にできないことである。リリアンだからこそ、「薔薇の館」だからこそ成し遂げられた「神業」であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

強い薬剤の使い方

薬というのは、十分な効果があるから、薬という。だから、いくら「作用が穏やか」「弱め」と言っても、強い反応を起こすことがある。
飲み薬は全身に回るから、副作用というか、目的以外のことも起こす。それがほとんどない、ある症状にだけバッチリ効く薬のことは、わたしは「奇跡の薬」と呼んでいる。本当にそんなもの、ほとんどないのだから。
薬によって起こる反応が、大変な結果をもたらすこともある。たまには死に至る。代表格は「皮膚粘膜眼症候群」。それから、子供に大人用の解熱鎮痛剤を飲ませたときまれに起こる「ライ症候群」。どちらも死亡率が極めて高い。
あと、全身の筋肉が壊れていく「横紋筋融解症」ってのもあるね。

そうそう。食べ物やハーブ、漢方薬、あれは穏やかな作用だとか言われるけど、そんなことないからね。漢方薬の中には、ほんの少しの量で致死量になるものもあるし。ハーブには毒性が強いものがあるし。セージなんかそうね。食べ物でも、例えばベータカロチン-ビタミンAなんかとりすぎるとガンになるし。

日本の厚生労働省で認可されている薬ですら、こうなのです。知識なしで強い薬を個人で輸入したりして買って、勝手に服用して、それで中毒ってどうにかなったって、それこそ「自己責任」よね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)