あけましておめでとうございます。平成29年(2017)1月2日(月)

あけましておめでとうございます。一日遅れですが……
ここのところ、「今年こそは本を書く」と言ってばかりで、書く書く詐欺になってしまってますので、今年はとりあえず執筆と編集の方とのすりあわせを入念にしていこうと思います。
体重が一時期に比べて10kg以上も増えてしまっているので(その頃が自分的にやせすぎだったのかもしれませんが)ちょっとやせたいです。
動きの研究も行っていきたいですね。

ところで、この写真見て下さい。昨日散歩途中で撮影したものです。
何が写っているかわかります?

20170101_155203_2

水面です。

「言の葉の庭」でも効果的に使われていた「水面」です。

しかし、わたしたちは「水面」を知覚できるのでしょうか?

水は透明です。無色であることはそれほど多くないのですが、光を通してしまうということは、光を包囲光に反映させる肌理および肌理に構造化された乱反射光がないんですね。なのになぜ、わたしたちはこれを「水の表面」だと知覚できるのでしょう?

ぱっと見では、ここまで静かな水面ですと、実際にこの風景を見ているのか、水面で反射した光の構造を見ているのか、わからないはずです。さらにここには、水底の落ち葉までくっきりと見えています。

水の見え方とは、こういうものです。どこからやってくる光が、わたしたちの包囲光となるのかを、十分に観察、検討しなければ、水を描くことはできないでしょう。

わずかな水面の揺らぎ(さざ波など)は、水の不変項を示すと同時に、包囲光配列を構造化します。たぶん、これが「水面」の知覚情報と、水のプロパティをわたしたちに伝えてくれるのでしょう。しかしそれは、風が吹いているか、水生の動物たちが動いて波を作るようなことがない限り、現れません。もちろん、「言の葉の庭」で使われた、雨の落ちたときの波紋も水面を描くときに大いに利用できます。

付け加えると、揺らいでいる風景は水があることをわたしたちに伝えてくれると同時に、水が動いていることを伝えてくれます。それはたとえ、写真であっても、水面に反射している風景の揺らぎ方によって伝えることができます。
アニメ「響け!ユーフォニアム」では、宇治川の様々な時間帯での描き方が秀逸でした。川の見た目の色と水面の揺らぎしか描かれていないのに、わたしたちはそこに「水が流れている」ことを知覚できてしまいます。光の反射の仕方は、「流れていない水」と「流れている水」を区別できるほどの性質を持っているのでしょう。

一枚画に動きの情報は入るのです。
一枚画は「静止」画ではないのです。

「海」と「池」、「沼」の水面を区別する時の性質の違いは、この「波立ち方」などにあるのでしょう。

「この世界の片隅に」で描かれる「瀬戸内の海」を特徴付けるのは、あの色だという話でしたが、そのような「海の色の地域差」もまた、一つのローカルな情報として機能していますね。

「この世界の片隅に」の「波のうさぎ」や、「言の葉の庭」、さらに「天使のたまご」を見ていると、そんなことを思います。

本当は、もう少し揺らいでいる水面を撮りたかったのですが、うまくいかず。揺らいでいる水面を撮影すると、まさに「天使のたまご」の序盤で頻出した水表現を撮れるのですが。

こんな小話を交えながら、本を書いていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞳子母の病;習慣性流産・不育症

習慣性流産・不育症とくくられる病がある。
胎内で胎児が十分に発育できないまま死産する(「流産」も死産の一種)ことを繰り返す(およびその可能性を強く疑うことができる)場合を指す。妊娠中期での何らかの原因による死産を経験した場合は、1回であっても検査するべきだ、とのこと。原因は多様である。(参照)

現在では、それぞれの原疾患・原因がわかれば、それぞれに対する効果的な治療法がある場合もある。例えば血栓ができやすいという場合、血栓を予防する(副作用をほとんど気にせずに使える)ことで、死産などを防ぎ出産できるまで胎児を胎内にとどめ十分に発育させることができるようだ。

何故この話か……

続きを読む "瞳子母の病;習慣性流産・不育症"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「KURAU」の「リナクス」と粒子の対称・パートナー性

KURAUは「恋風」の後番として、ちょっと面白そうな絵と音楽のトレーラーが流れたので、第1話から見始めたのですが、クラウのかわいらしさ(作中22歳の今でもそのままの)にヤラれ、OPの新居昭乃にヤラれ、勝木ゆかり@S.E.N.Sの臆面もない音楽にヤラれ……そのまま見ている。
そんなときに、朝日新聞の科学欄に載った「超対称パートナー」の記事をみて、なるほどこれかと思わされてしまったのである。何か一つの性質だけが異なる対として、素粒子は生成するのに、この世界にはどちらか一つしか観測できないということは多い。その中の一つとして、「超対称パートナー」という、現在の標準理論をさらに進めた理論からその存在が予言される、素粒子のパートナーがある……ということのようだが、詳細はわからない。KEK(高エネルギー加速器研究機構)のサイトなどを参照していただきたい。
この世界、およびこの世界に生まれいずるすべてのものについてゆらぎが本質であるならば、あるものは不安定性に負けて消えていく。それが対となって生まれることもある。
何ともファンタジックな話である。それを人として登場させた、サイエンティフィック・ファンタジー(サイエンスフィクションではなく)として、「KURAU」は面白いと思うのだ。
クラウがいまだに気合いを入れるため(あるいは気分転換のため)に自分の両頬をたたくように押さえる癖、あれはリナクスに衝突してから誰かから教わったものだろうか。それとも、ただの女の子であったクラウと今のクラウが同じだからなのか。気になるところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強い薬剤の使い方

薬というのは、十分な効果があるから、薬という。だから、いくら「作用が穏やか」「弱め」と言っても、強い反応を起こすことがある。
飲み薬は全身に回るから、副作用というか、目的以外のことも起こす。それがほとんどない、ある症状にだけバッチリ効く薬のことは、わたしは「奇跡の薬」と呼んでいる。本当にそんなもの、ほとんどないのだから。
薬によって起こる反応が、大変な結果をもたらすこともある。たまには死に至る。代表格は「皮膚粘膜眼症候群」。それから、子供に大人用の解熱鎮痛剤を飲ませたときまれに起こる「ライ症候群」。どちらも死亡率が極めて高い。
あと、全身の筋肉が壊れていく「横紋筋融解症」ってのもあるね。

そうそう。食べ物やハーブ、漢方薬、あれは穏やかな作用だとか言われるけど、そんなことないからね。漢方薬の中には、ほんの少しの量で致死量になるものもあるし。ハーブには毒性が強いものがあるし。セージなんかそうね。食べ物でも、例えばベータカロチン-ビタミンAなんかとりすぎるとガンになるし。

日本の厚生労働省で認可されている薬ですら、こうなのです。知識なしで強い薬を個人で輸入したりして買って、勝手に服用して、それで中毒ってどうにかなったって、それこそ「自己責任」よね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽は「左」から昇っているんじゃないの?

「小学生の4割「太陽が地球を回ってる」 国立天文台調査」というニュースがありました。

 そうは言うけどね。「地球」って言われて、イメージできる?

 ガッツ石松氏は、太陽が昇る方向を「右」だと言ったそうだけれど、小さい頃のわたしにとって、太陽は「左」から昇るものだった。だって、窓の外を見ると、朝は左の方が明るくて太陽があって、夕日は右の方にあって、それで暗くなって沈んでいくのだから。
 その後で、太陽は東から昇り、西に沈むという知識が身に付いた。すると困ったことになった。東と西を、つい逆にしてしまうのだ。北を正面にすると、左は西、右は東だ。しかし、わたしにとって太陽が昇ってくる方向は「左」だったから、つい、「左は東」と思うようになっちまった。
 その理由は簡単、窓が南向きだったせいだ。
 その癖は未だに直っていない。いちいち「左が東、じゃなくて、日本列島は北を上にして左曲がりで、そっちを西日本と言うから、左は西」と、修正しなきゃならない。めんどくさいったら。

 太陽は、ある場所から出てきて、昇っていって、ぐるりと回って反対側に降りていって沈む。地上のどこに行ってもね。だから、太陽が昇ってくる場所や方向、太陽が沈む場所や方向は特別だった。
 一カ所に留まっている人たちにとって、太陽は特定の場所(例えば何某山)から昇り、特定の場所(何某谷)に沈んでいた。そこは神聖な場所になったに違いない。太陽はそこで毎日生まれ、毎日死ぬ。そして、甦る。
 移動して暮らしている人たちにとって、太陽はどこに行っても必ず同じ方向から昇り、同じ方向に沈んでいく。昇る角度は少しずつ変わってもね。だから、その方向が特別になった。
 太陽が昇る方向には「東」という名が、沈む方向には「西」という名が付いた。

 月はもっと不思議だった。太陽がだいたい30回昇ったり沈んだりする間に、だんだん見えてきて、大きくなって、丸くなり、欠けていって、消えてしまう。しかもそれに合わせるかのように、身体の調子が、特に女性たちでは顕著に、周期的に変化していたかもしれない。だから、時間を計る1つのスケールに「月」ってのができた。

 ちょっと事情が違う場所がある。そこでは1年のうちのある時期、太陽も月も自分のまわりを右方向に1周しやがる。別の時期になると、太陽は昇りもしない。夏至の祭りや冬至の祭りは本当に切実だった。特に冬至。で、クリスマスになるのだ。早く太陽さん甦ってくれってね。
 その場所を、北半球では北極圏、南半球では南極圏という。でも、南極圏には南極大陸しかないと言ってよく、人が住んでいない。北半球では、北極圏でも平気で人が暮らしていた。前からね。そんな場所のその時期では、西も東もあったもんじゃない。太陽は、昇らないし、沈まないからね。

 私ら…陸上の動物にとって、「地球」はイメージの埒外でしょう。あるのは「固くて大きく広がっている地面」だからね。私らのまわりにある「大地」は。(こういうときのまわりを、「生態学的環境」と呼んでいる)そんなところで、太陽が地球を回っているのか、地球が太陽を回っているのかなんて言うこと、考えられる?「太陽も月も、ある場所(方向)から昇ってきて、どちらかに偏って自分のまわりを回っていき、ある場所(方向)に沈む」しか、生態学的環境にはないのだからね。

 でも、農業をやっている人たちは、ずっと空を見ていなければならなかった。特に、夜。なぜって、1年を通して、いつ種をまいて、いつ水をあげて、いつ収穫するかを知るには、空にある星を読まなければならなかったから。天気がどう変わるかを見るにも、どちらから雲が来て、どちらから風が吹くと、雨が降るとか、からからになるとか、嵐になるとか判断しなければならなかったし。それが星占い(西洋の黄道12星座を使うのも、東洋の星宿も)で、天文学の最初だったんだろうね。天気を読む方は、「風読み」とか、「気象台」とかの最初になったかもね。

 一方、海を渡る人たちや、陸を移動し続ける人たちも、空を見ていなければならなかった。どこに陸があるのか、どこにオアシスがあって、どこに街があって、自分たちがどこにいて、どこに向かっているのかを知るには、昼間は太陽がどこにあるかで時間と場所を調べなければならなかっただろうし、夜は星を見て方角と位置を確かめなければならなかったから。そうしているうちに、北極星が見つかったんだろうね。だって、ずーっと見ていても、どんなに時間が経っても、そこだけ動かないで、星がそのまわりを回っているのだもの。

 そうやって、空を見上げて、1年の動きを気にしている人たちにとって、太陽のまわりをこの地球が回っていると言うことはとても重要だし、当たり前のことになっていったのでしょう。そうでなければ、予測(占い)が正確にできないもの。それは、「1日」のスケールで「地上」ばかりに生きている子供たちにとっては、違うスケールの話なのだろ思う。何せ、「1年」のスケールで、「空を見上げる」ことで成り立つのだから。

 順番が違うんだ。「太陽はどっちから昇る?」って聞いたって、「東」って答えるのは、知識を持っていると言うだけかもしれない。「太陽が昇ってくる方向を、何て呼ぶ?」の方が、まだいいんじゃないかな。
 地球が太陽のまわりを回っている、ということを説明するのは、とても大変だよ。地球の上から見ただけじゃね。木星を望遠鏡で覗くとか、そういうことがないとね。

 視点を変えることを身につける。それがとても大事だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)