新刊情報とジャーナルの続き

大変ご無沙汰しております。
精神的な調子が悪い日々がだらだらと続いてしまって、多少参っています。
それでも、そろそろ更新はしなければならないと思いまして、ようやく取りかかる次第でございます。

皆既月食がありましたね。残念ながら激しい雷雨によって天が雲で覆われ、見られませんでした。
考えてみると、皆既月食で、月が完全に地球の陰にはいると、赤く見えるというのは、皆既月食の仕組みを知らない時代では大変に不吉なことだったのではないか、と思うのです。
いつもは黄色がかった白に輝いている月が、赤くなってしまうんですから。赤い月。しかもその前には、だんだん月が欠けていくのですから。欠けていってついには消えてしまうかと思いきや、赤い月になる。
今でこそ楽しみな天体ショー、かつては不気味な、不吉きわまりないイベントではなかったでしょうか。


「マリア様がみてる」10月2日発売の情報が出ておりましたね。
タイトルは「薔薇の花かんむり」。
別のところでも申し上げましたが、これをドイツ語にすると"Rosenkranz"になり、さらに英語にすると"Rosery"になります。日本にはポルトガルから(スペインやイタリアでも同じようですが)「ロザリオ」という言葉で入ってきました。

まんが王のサイトでは「あらすじがネタバレを含むので公開しない」旨のコメントがありましたが、タイトルを解釈し、また、これまでの流れを考えますと、言ってみればこれは「ヴァレンティーヌスの贈り物」の次、「いとしき歳月」の時期の話になった上で、タイトルが「ロザリオ」を意味することから、もはやこの時点でネタばれているような気がします。

今回は祐巳について。やっぱり「お姉ちゃん」なのだというお話です。

続きを読む "新刊情報とジャーナルの続き"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

尊敬、信頼と愛情

ご無沙汰しておりました。

非定型うつ病というのがあるのだそうで。先日本当は怖い家庭の医学で初めて知りました。DSM-IV-TRに掲載されたのが1994年というのだから、遅きに失した感じはありますが、なるほどと思いました。

英語では何というのかな〜とネットをさまよっていたら、ようやく見つけました。
Atypical Depressionです。「非定型」というより「非典型」の方がいいんじゃ?

「大うつ病」の訳も変。もとはMajor Depression。「大リーグ」じゃあるまいし、そのまま使うなっての。重症軽症の区別なく、典型なら多数派で「メジャー」なはずで、別に重症って意味があるのじゃないから。
「多数派の」とか「主な」という意味だから……Atypicalに対してTypicalなものだから、「定型」というか、或いは「典型」と言うべきではないかな?
「気分変調症」も。Dysthymic DisorderとかDysthymiaとか言うらしいので、「持続性軽度抑うつ障害」とか。

意味のわかる、意味のある訳語を使ってほしい。直訳したって意味があるわけではないし。

さて今回は「シャーリー」「エマ」との領域交差になりますな。

続きを読む "尊敬、信頼と愛情"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祐巳の静けさと温かさ……「凪(なぎ)」

 求職中というより、仕事しながら療養中といった方がいいということに何となく気づき始めた今日この頃。
 期待されていることはあるのだけれど、それをやるだけの気力がなかなか出ない、やってみても満足できるものにならない……
 そんなやるせない日々が続きます。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

 さて、そんな中でもマリみて解題はしているのですね。クオリティは保てているのか、いや本来クオリティなど高いものなのだろうかとかいうこともありますが……
 今回はやや趣向を変えて、「扉・鍵」で自ら語ることがなかった祐巳のことを考えてみようと思います。

続きを読む "祐巳の静けさと温かさ……「凪(なぎ)」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そのロザリオは誰のもの?

新刊発売まで残すところあと3日、いよいよって感じですね。
口内炎ができてしまって難儀してます。関係ないか。
某所で「『シャーリー』を見ていると乃梨子ちゃんがコスプレしているように見える」という発言を見て、変なスイッチが入って暴走しました。スミマセンm(_ _)m
しかし、「妹オーディション」の表紙を見れば、変なスイッチも入るというものですよね。ね?

さて。

続きを読む "そのロザリオは誰のもの?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白地図に水玉模様描いたのは誰?

今日お仕事中のこと。
ふと書類のメモ書きを見て、たまげました。

「去勢」(かいせつ:ピーーーをきること)

なぬ!?

よくよく見れば、字が汚かっただけでした。実はこうだったんです。

「去痰」(かいせつ:たんをきるってこと)

……

○TL

考察できな〜いなどと某所で言ったのが嘘のような長文になってしまいました。しかもまだ続きます。
加えて邪推と解釈爆発です。いつものことか。そんなところですがどうぞ。

続きを読む "白地図に水玉模様描いたのは誰?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリみてのこと:関係の洗い直し(4)

新刊の発売日まであと1週間もありません。焦ります。待ち遠しいです。
その前に関係の洗い直しをやっておきたいのですが、その中でも一つやはりこれには今のうちに、というか、現段階でどのようなことがつかめているかを考えてみたいということで、これをもう一度取り上げます。

祐巳−瞳子

続きを読む "マリみてのこと:関係の洗い直し(4)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

マリみてのこと:関係の洗い直し(2)祐巳と祥子

前ログからの続きです。(投稿し直しました。修正に手間取りまして)

「未来の白地図」のもう一つの楽しみは、黄薔薇さん家ですね。もしかしたら、スゴイものをみられるかもしれません。

暴走する令ちゃん、

挑発される(する!?)菜々ちゃん、

そして、おろおろする由乃。

……

さて。

続きを読む "マリみてのこと:関係の洗い直し(2)祐巳と祥子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリみてのこと・五角関係洗い直し

祝:論文提出。プロフィール変えなきゃ。

さてまあ、新刊も近いことですし、あらすじがあれですから、ちょっと色々洗い直す必要があると思うのですね、5人の。それぞれを頂点とする星形「五芒星」として。

わかっていることを整理すると、とりあえずこうなります。
血縁
祐巳−祐麒(姉弟)
祥子−柏木(いとこ:祥子父と柏木母が姉弟)
瞳子−柏木(いとこ:瞳子母と柏木父が兄妹)

学校での関係
祥子−祐巳(スール)
柏木−祐麒(先輩・後輩ただし「同僚」にも近い)
瞳子−祐巳−祥子(先輩・後輩、「薔薇の館」関係者)

次に、私の一存での関係性の分類でコメントしていきます。

続きを読む "マリみてのこと・五角関係洗い直し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのマリみてのこと:解決の罠

 大変ご無沙汰致しました。
 さすがに博士論文を書くというのは大変な作業で、ようやく一段落したのですが、その後疲れが吹き出し、体調を崩し、文章を考えるなどできない状態になってしまいました。そのうえ、ゲームにハマり、「マリみて」のことなど考えていなかったのでした。
 しかし、それ以前、「ミルフィーユ」が出てからしばらくの間考えていたことについて、このところ突然一つのアイデアが浮かび、文章を書ける状態にもなり、久々にやってみようと思い立ったところなのでございます。

 祐巳と祥子の関係について、彼女らに共通する「課題を何とかするときの癖」のようなものがあるのではないか、と考えたのです。それは、佐藤聖の「びっくりバレンタイン」でのアドバイスが的はずれである可能性を持っているということです。
 確かに、聖さまのアドバイスは一つの方法としてあげられるとは思いますが、やや読み違いがあるのではないかということが、祐巳の一人称視点を読んでいる読者としては見えてくるのではないか、そう考えるのです。

続きを読む "久しぶりのマリみてのこと:解決の罠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)